挫・人間 公式ブログ – 君と僕以外の人類滅亡したらきっときみもぼくを見直すだろう – Powered by LINE

家最高!!出る気ゼロ!!

なんて言うまでもなく外出が推奨されていないのだった。南無三!

なんにせよ家でやることが大量にあるからな。今日もこんな時間になった。頭痛がしてきたので休もう。と思った瞬間にブログのことを思い出した。一体なんだこの作業は。バカなんじゃないか。

本当に、バカなんじゃなかろうか。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

挫・人間の『ソモサン・セッパ』のライブ映像が公開されましたね。

意外とライブでも再現出来るもんです(こだわりの1人プレイで)。

しかも、今はこの頃よりもう少し上手くなっているよ。

ライブをがまんしている君へのギフトだ。大いに楽しんでくれ。

ZX8jMo5omc.jpg

ワロタ。おれもそう思う。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

家最高!とか言いながら、散歩もしなければ新しい音楽を聴く時間も減ることに気付いて、つけっぱなしになっているps4のSpotifyを起動し、その気にならなければ永遠に聴くことがなかったであろう音楽を聴く。自分で弾いて、聴いて、を繰り返した。明日にはなんらかの成果を見せていきたい……。

作業中に甘いものが手元にあると太る。絶対に太る。何も考えずに食べてしまった気がする。コーヒーを飲んで胃も痛い。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

ブログはオワコンの文化らしい。

それでもおれはブログが好きだ。というより、オワコンになるものが好きなのかもしれない。サービスの終了が近づいているオンラインゲームとか、かなり特殊な気持ちになる。

「地球最後の日になにする?」

という命題の答えは、おれの経験則的に言うと

「しんみり」だ。

おれは終わりゆくものに惹きつけられるところがある……好きだ……。

人のブログを読むのも好きだ。

最近豚乙女のランコの姉さん(公式の名前に「さん」をつけて呼んでいるだけなのだが、この時同時にランコさんへの呼び捨てが発生してしまい、戸惑ってしまう気持ち、おれ以外の人間も持っていてくれと思うことがある)がブログでウカのケンザンを使っていると書いていて、硬度は違うものの、全く自分と同じ用途で使用していることに感動してしまった。

自分の身体と向き合っていくことで生活を豊かにしたい。豊かな身体性、豊かな人間関係、豊かな感情、豊かな社会生活、豊かな……豊かな……

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

中学生下川プレイリストいきます。

昨日これ上げてなかった?って言われると、そうですと答えざるを得ないのが大いに不本意ではあるが、そうです。忘れてました。

テクノの話は散々昨日したような気がするのでそこそこで。

とはいえ、ものすごいアンセム感ですね。アンセムってこういう迫力がある曲のことを言うんでしょうな。

でも正直前身バンドのjoy divisionと迷ったね。

死ぬほど観た!!!!!!!!!!!

中学の頃従兄が、INUだったりを教えてくれたタイミングで、今度はトレインスポッティングとバッファロー66とタクシードライバーと一緒にこのバンドとBauhausとkilling jokeとベルベッツを教えてくれたんだよな。

ボーカルのイアンカーティスが好きで……暗い中学生にとっては自死するまで鬱とてんかんで悩まされたロックスターなんて……憧れるじゃないですか。

この目もパフォーマンスも、好きで……痙攣するような動きマネしてましたね……今も実はやってるんですが、ぼくがやるとひょうきんな動きになるんですよね……それに比べてイアンカーティスはもどかしいまま爆発してて……この穏やかな人間が急にキレる感じが……好きですね……。

愛犬の写真を持ち歩いているところとかも……。この暗く低い歌声に癒されてたな……。

new orderの話でなくイアンカーティスの話ばかりしていますが……。まあ、ブルーマンデーがイアンカーティスについての歌だということで、許してください。

いやーしかしイアンカーティスの歌詞とか、当時和訳頑張ったりしてたな。

服もめっちゃ真似したし、未だにマッキントッシュのコートが欲しいと思う。トレンチコート、イアンカーティスを意識して買ったのだよ。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3894.HEIC
ZuD8Nxaxoy.jpg

それがまあ、こんな感じで、全然イアンカーティス感なくてつらいです。

巷でよく見る「アンノウンプレジャーズもの」は持たないという、謎のこだわりを持ったままここまてまきたな。役に立たないこだわり。

ハブ・ア・ナイス・デイ

🎈今日の一曲

Bauhaus / The Passion Of Lovers

    糸冬                            ————— 

著者: ” — lineblog.me

Related Articles