【レビュー】Oculus Quest 2ユーザーはマストバイ! VRバトルロイヤルゲーム「POPULATION:ONE」 –

BigBox VR「POPULATION:ONE」2020年10月22日発売予定

 VR空間でプレイ可能な“バトルロイヤルゲーム”は、raptor labの「STAND OUT : VR Battle Royale」や、CyberDream/Spiral Summit Gamesの「Virtual Battlegrounds」などがすでにリリースされている。しかしどちらもどちらもPC用VRゲームであり、基本的にVRヘッドセットにケーブルが接続されている状態でプレイするしかないのがネックだ。

 今回ご紹介するのはクロスプラットフォームで発売される「BigBox VR「POPULATION:ONE」。なんと「Oculus Rift」、「HTC Vive」、「Windows MR」、「Valve Index」、そして「Oculus Quest」でプレイ可能な、VR専用バトルロイヤルゲームだ。

 Oculus Quest 2の発売前に、このPOPULATION:ONEの体験会が開催されたので、今回はレポートをお届けしよう。なお、体験会は9月9日に開催されており、それからゲームシステムやグラフィックなどが変更されている可能性がある点には、留意してほしい。

 結論を先に言ってしまえば、13日発売の「Oculus Quest 2」の購入を検討しているユーザーはもちろんのこと、Oculus Questユーザーにも、ぜひプレイしていただきたいVRコンテンツであった。

「フォートナイト」的なVR版バトルロイヤルゲーム

 POPULATION:ONEは、「フォートナイト」ライクなバトルロイヤルゲームである。舞台は近未来世界。ほかのバトルロイヤルゲームと同様に部隊で協力して、生き残りをかけて戦うことになる。

 このゲームには4つの基本操作がある。登る、飛ぶ、銃を撃つ、そして壁を作ることだ。本作独自のシステムが、「登る」と「跳ぶ」というアクションによって実現された「バーティカルバトルシステム」。ステージにはさまざまな塔、ビル、木、壁などがあるが、プレイヤーはクライミングの要領で垂直方向に自由に登り降りできる。高所の利を活かせば、銃撃戦を有利に進められるわけだ。

 銃を持っていない状態で壁に手を近づけると、青く点灯する。その状態で中指でグリップボタンを押すと壁をつかみ、登り降り可能だ。壁を下に投げる要領で、勢いをつけて手を離すと、大きなストライドでより速く壁を登れる。

ステージに存在する塔、ビル、木などの全オブジェクトに登ることが可能だ

オーバーハングがあっても天井をつかんで、越えていける

 また、両手を開く「Tポーズ」をとって高所から飛び降りると、ハンググライダーのように空中を滑空可能。このときに飛行機のフラップのように両手を動かせば、自由自在に旋回できる。地上よりも素早くステージを移動でき、滑空中に眼下の敵を攻撃することも可能。この立体的な戦闘システムこそが、POPULATION:ONEの醍醐味だ。

両手を開く「Tポーズ」をとれば、空中を滑空できる

飛行機のフラップのように両手を動かせば、飛行中に自由に旋回可能だ

 銃器の扱いは非常にリアル。銃と弾丸を入手しても、マガジンを装着し、チャージングハンドルをスライドさせて弾丸を装填しなければ発射できない。スマホ、PC用バトルロイヤルゲームであればワンタップでリロードできるが、POPULATION:ONEでは一連の動作をスムーズに行なえるように練習する必要がある。

 フォートナイト的な要素が、壁を作ることだ。前後左右、そして上にも壁を作れる。空からもいきなり敵が攻めてくる本作では、できるだけ遮蔽物で射線を切ることが生き残るための重要なテクニックとなる。

実際にプレイしてみた感想はいかに?

 さて実際にPOPULATION:ONEをプレイしてみた感想だが、序盤の立ち回り方はほかのバトルロイヤルゲームと変わらない。まずは、銃、弾丸、回復アイテム(バナナ、ソーダ)、容量の大きいバックパック(Backpack Upgrade)などの物資を素早く入手する。

 個人的には過疎地に降りたって、装備を十分揃えてから中心地に向かうのが好みだが、あえて激戦地で最低限の武器を入手して、ほかの装備は倒した敵から奪ってもいいだろう。どちらを選ぶかは好みと腕次第だ。

 なお素手で敵を攻撃できるかどうかについては、今回の体験会で確認することを失念していた。ぜひご自身で試してほしい。

 敵と撃ち合いするさいには、スマホのように画面スワイプではなく、実際に腕を動かして敵に照準を合わせることになる。照準が合うとターゲットが黄色から赤色に変化するので、比較的エイムしやすく感じた。ただし、今回はサブマシンガンをメインウェポンとして使ったが、リコイルが結構強かったので、しっかりと両手で握って集弾率を上げたほうがよさそうだ。

 また、スマホやパソコンのバトルロイヤルゲームより、銃器のリロードに時間がかかる。リロード中に身を隠せる場所に陣取るか、あらかじめ遮蔽物となる壁を作っておいたほうがよいだろう。

照準が合っていないときターゲットは黄色のままだ

照準が合うとターゲットが赤色に変わる

敵を倒すと、その周りに装備が散乱する。物資大量補給のチャンスだ

今回運よく、空を飛んでいる敵をショットガンで撃ち落とすことができた。VRでは、実際に身体で向きを変えつつ、腕で照準を微調整できるので、動いている敵も狙いやすい

 今回はせっかくなので「ガンガンいこうぜ」的にOPULATION:ONEをプレイしたのだが、爽快に4人を倒すことができたものの、赤いゾーンによって袋小路に追い詰められたうえに、至近距離での乱戦となってしまい、筆者の死亡をきっかけにチーム3人がすべて倒れることになってしまった。

 いま振り返ってみると、3人でのチーム戦だったにもかかわらず、前衛、後衛などの役割分担をせずに、壁などの遮蔽物もいっさい作らずに戦ってしまっていた。サービス開始時にはしっかり作戦を立てて、リベンジを果たしたいと思う。

Oculus Quest 2などのスタンドアローンVRデバイスでプレイすることを強く推奨

 今回はゲーム中盤でチーム全員が倒れてしまったため、ゲームは実質7分程度しかプレイできなかった。しかし、それでもPOPULATION:ONEがVR専用バトルロイヤルゲームとして非常に完成度が高いことがわかった。

 また、今回の戦いはあまりにも筆者が無謀かつ稚拙すぎたが、チーム全員でしっかりと連携し、壁を作って戦えば、戦術的にも非常に奥が深いであろうことを確信できた。

 たったの1回、しかも約7分しか戦っていないが、毎日「PUBG」をプレイしている筆者は、お世辞抜きでPOPULATION:ONEのトリコになってしまった。本作をプレイ可能なVRデバイスを持っているならマストバイだと自信をもって勧められる。そして、プレイ中に実際の身体の動きがかなり激しくなるので、Oculus Quest、Oculus Quest 2などのスタンドアローンVRデバイスでプレイすることを強く推奨したい。本稿を読んでいる方とPOPULATION:ONEの戦場でお会いできれば幸いだ。

これはパソコン版POPULATION:ONEのトレイラー。Oculus Quest、Oculus Quest 2でプレイするさいにはグラフィックのクオリティが低下する点には留意してほしい。しかし、それがゲーム性をスポイルすることはないので安心してほしい

Related Articles

パッシブに楽しむゲーム

MMORPG、FPS、TPS、eスポーツ、…ゲー...

オンライン化するゲーミング、市場を勝ち取るのは?!...

2020年は時勢も手伝って、インドアで余暇を過ご...

「グランツーリスモSPORT」全国都道府県対抗eス...

本大会の模様はインターネットを通じたライブ配信が行...

光るゲーミングテンキーで快適ショートカット生活。Z...

光るゲーミングテンキー「AS-K24」  なんだか...

アバターテクノロジーのリーディングカンパニー Ge...

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社...

#61【原神】PS4新作!基本プレイ無料 オープン...

現在世界ランク5◇リセマラなし。無課金でのんび...