雀龍門M – アプリゲット

雀龍門M

多彩な演出とそのカスタマイズにより、麻雀の臨場感と爽快感を体感できる。

臨場感と爽快感を体感できる3D麻雀

「雀龍門M」はリアルなグラフィックが特徴のオンライン3D麻雀ゲーム。

全国のプレイヤーと、いつでも、どこでも、誰とでも、白熱した真剣勝負に挑め!

友達と練習する友人戦や1人でじっくり練習するAI戦を含む練習戦、納得できるまでプレイできる無料戦などを実装。

麻雀スタイルを分析評価し、レーダーチャートで得意不得意や好みを分析する、麻雀の上達をサポートする機能を搭載している

カスタマイズが自由!なんと点棒まで!?

雀龍門M

アガリ演出をカスタマイズできるのはちょっとおもしろい。

緊迫感と臨場感を再現することに拘っており、モーションキャプチャーを使用することで手の動きをリアルに再現している。

麻雀を打つ手を飾るハンド装飾、キャラクターアバターやボイスなどカスタマイズも豊富だ。妙なこだわりがあって好感が持てた。

「雀龍門M」の特徴はリアルでゴージャスな演出面

74788-ss41

この手がにゅっと出るのがこだわりっぽい。

2009年より長い歴史を誇る「雀龍門」シリーズ最新作。

東風 / 半荘 / 三麻で遊べる、レーダーチャートで得意不得意や好みを分析など、基本も応用もしっかり抑えている。

勝てば勝つだけ報酬でキャラクターアバターと多種多様なボイスが貰えるのも熱い。配牌はやや渋めな印象。

オンラインでの真剣勝負に望め

雀龍門M

アガリ演出をアップデートしていくという楽しみ。

麻雀を打つ手を飾るハンド装飾など、リアリティを追求してる本作。豪快なアガリ演出(バリエーションも豊富)にこだわりを感じた。

反面、動作がややもっさりしてる感じを受けたので今後改善してほしいかな。オンライン人口が増えたらもっと盛り上がるだろう。

ゲームの流れ

雀龍門M

基本的にはタップで牌を選び、ダブルタップで捨てるいつもの操作性。

鳴のオンオフや一点読みなどの機能もあり。視認性ヨシ!

雀龍門M

いやー麻雀ゲーレビューしてて思うのが「勝てなかったらどうしよう」ってことなんですよねー。

スクショをみれば分かる通り、筆者は麻雀が強くない。いや、弱い。

雀龍門M

ガチャじゃないけど勝利報酬!いろんなアバターなりが貰えるぜ。段位もあがっていくぜ。

大会に出るには課金アイテムか、段位を上げる必要があるんだぜ。コンティニューも課金アイテムなんだぜ?

雀龍門M

キャラや手、演出など様々なアバターを入手可能なんだぜ!

そうそう、本作のBGM、けっこう上品で好きでした。MJも好きだけどね。

雀龍門M

毎日大会!週末はさらなる大会だ!

ところでキャラによってリーチの声かけてくれない人いるの寂しいな。BGM変わるからわかるけどさ。

「雀龍門M」の序盤攻略のコツ

雀龍門M

AI戦では待ち時間なし。倍速も可能。

CPUとオフラインで戦う練習戦ではゲームスピードを三倍まで上げられる。ストレスフリーで対局できる。

スタミナ制度などもないが、報酬もないので注意。やはりオンラインで猛者どもに勝たないといけないわけだ。

オンラインでは早アガリが勝敗を決する!のか!?

雀龍門M

オンラインだと安手でも早アガリしないと勝てないのか。

麻雀そのものの攻略については僕のような若輩者が語れることは少ないので割愛。

オンライン対戦では東風戦の場合、赤牌があるので、断么九など、鳴きまくりでもノミ手でアガるのが流行っているようだった。ロマンじゃ勝てないのか。

Related Articles

パッシブに楽しむゲーム

MMORPG、FPS、TPS、eスポーツ、…ゲー...

オンライン化するゲーミング、市場を勝ち取るのは?!...

2020年は時勢も手伝って、インドアで余暇を過ご...

「グランツーリスモSPORT」全国都道府県対抗eス...

本大会の模様はインターネットを通じたライブ配信が行...

AmazonのMMORPG「New World」の...

 Amazon Game Studi...

話題のスタンダードスマホ「AQUOS sense4...

、NTTドコモから4Gに対応したスタンダードスマー...

ポルシェジャパン主催のeレーシング大会「Porsc...

2020年9月9日(水)にポルシェジャパン株...

ポルシェジャパンのeスポーツ大会「Porsche ...

 ポルシェジャパンは2020年12月...