「Baby Shark」や「鬼滅の刃」に見る韓国のパクリ精神|au Webポータル国際ニュース

0

韓国でも大人気の『鬼滅の刃』(写真:Lee Jae-Won/アフロ)

(羽田真代:在韓ビジネスライター)

 2019年から日本製品不買運動が開始された韓国。しかし、ゲームの世界は別のようで、2020年に発売された任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」用ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」は発売開始早々に品切れを起こし、一時期は「マスクよりも入手が困難だ」と言われた。

 同年にはソニーの新型ゲーム機「プレイステーション(PS)5」も韓国内で販売された。こちらは事前予約受付1時間足らずで即完売。プレステやニンテンドースイッチが韓国で飛ぶように売れる光景に、日本からも「不買運動はどうした?」と呆れる声が上がったほどだ。

 この他にも、スタジオジブリが制作協力していることで話題の「二ノ国」は昨年に韓国版の公式サイトも開設され、ゲームも順調な売り上げを記録している。韓国版は携帯電話でプレーを楽しむことができ、発売が開始された今年6月には、4年もの間、グーグルのアプリ配信プラットフォーム「Google Play」で売上高1位を保持していたゲームを抜き、新たな記録を樹立した。

 また、「この素晴らしい世界に祝福を!」のIP(知的財産権)を元に制作されたゲーム「コノスパモバイル」は、リリース開始からわずか1週間でグーグルのプレーダウンロードが100万件を超えた。

 現在、韓国のゲーム業界では日本原作のゲームを元にしたゲームの制作が流行している。日本製品の不買運動の中にもかかわらず、彼らがわざわざ日本原作にこだわる背景に、日本の漫画やアニメ、そしてゲームの認知度が世界的に高いことが挙げられる。

 認知度が高ければ高いほど原作自体のファンが多く、ファンがゲームユーザーになることが期待できる。また、マーケティングにそれほど労力やカネを使わなくても利用者を確保できるこという利点もある。それゆえに、反日だろうが何だろうが、日本原作のゲームに群がる。

 同じことはアニメにも言える。アニメ界でも日本製品不買運動の対象リストから外れた作品が登場した。人気アニメ「鬼滅の刃」である。

 コロナ禍の上映であったにもかかわらず、劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」の観客動員数は累計で210万人を記録した。10月20日には「鬼滅の刃 兄妹の絆」も公開されることが決まっている。その後も「鬼滅の刃 那田蜘蛛山編」「鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編」が封切られる予定だ。

 加えて、「鬼滅の刃」をテーマにしたオーケストラコンサート「鬼滅のシンフォニーオーケストラコンサート」も9月15日に開催されている。同コンサートは11月にも開かれる。

 キメツファンの韓国人からは、「やっぱり鬼滅の刃だ!シーズン1をすべて見てハマって、無限列車まで見た。シーズン2も早く見たい!鬼滅の刃がなかったら生きていけない」「公開される3編以外にもあるようだけど、何で輸入してくれないの・・・泣」「映画館で販売されるグッズが楽しみ!」など、歓喜に満ちた声が寄せられている。

 韓国最古の図書専門EC会社「エス24」が発表した2021年上半期の「漫画ベストセラー30」では、1位から25位までを『鬼滅の刃』関連が独占した。27位に唯一韓国の漫画がランクインしているが、これ以外は『ワンピース』や『呪術廻戦』などすべて日本の漫画であった。

 日本のアニメや漫画、ゲームが、韓国人に多大なる影響を与えているということだ。

『Baby Shark』につきまとう楽曲の盗作疑惑

 もちろん、韓国アニメが世界で評価されているというニュースが誌面を賑わせることもある。例えば、9月13日に韓国ファイナンスニュースが「Kムービー、Kドラマに続き、Kアニメもグローバル市場で人気」という記事を掲載した。

 記事の内容を少し紹介すると、

「『Baby Shark(サメのかぞく)』が3月の米放映初日、2~5歳の乳幼児視聴率1位を記録!英・伊・豪・東南アジアなど全世界の子どもたちの心を掴んだ」
「中国に進出してわずか1カ月で、『キャッチ!ティニピン』が現地ニューメディアプラットフォームの累積クリック数で5億ビューを記録。iQiyi(※1)の急上昇リスト1位、Youku(※2)女児アニメ人気1位を記録!」
「『ミニ特攻隊』シリーズもテンセント、iQiyiなど中国のプラットフォームで人気!」

※1・・・中国の映画・ビデオストリーミングプラットフォーム
※2・・・中国の動画共有サイト・動画配信サービス

 もっとも、『Baby Shark』は訴訟問題にまで発展した問題のアニメだ。

『Baby Shark』で使用されている曲「Baby Shark」は米国の作曲家、ジョニー・オンリー氏が伝承童謡をアレンジし、2011年に発表した曲であり、それを韓国の制作会社が盗作したとの主張が出ている。実際に、オンリー氏は2019年に韓国の裁判所で訴訟を起こした。

 最終的に「伝承童謡には著作権がなく、著作権侵害が認められない」と裁判所は判断し、制作会社側の勝訴となったが、ユーチューブを見ると、曲調や振り付けまでオンリー氏が投稿している動画とそっくりだ。

世界的なヒットとなった韓国の「Baby Shark(サメのかぞく)」(YouTube画像)

『キャッチ!ティニピン』は魔法を使う女の子たちが変身をし、悪者と戦う女児向けのアニメで、女戦士たちのイメージカラーに合わせて可愛らしいキャラクターたちも登場する。日本のガールズ戦士シリーズの韓国版を作りたくて制作されたアニメだからだろうか、プリキュアを彷彿とさせる構成だ。

 冒頭にも述べた「鬼滅の刃 無限列車編」は、韓国で「千と千尋の神隠し(2001年)」を抜き、「君の名は。(367万人)」「ハウルの動く城(301万人)」に続く累計観客動員歴代3位を記録している。

「君の名は。」や「ハウルの動く城」は対象年齢の幅が比較的限られているのに対し、「千と千尋の神隠し」は対象となる年齢層が幅広く、韓国内でも万人に受ける映画として高い人気を誇った。だが、鬼滅の刃の登場によって国民からの支持も一変しそうだ。

鬼滅のキャラクター描写は韓国のパクリ?

「千と千尋の神隠し」といえば、同作品を盗作して作られた「月光宮殿」という映画が問題視されたことがあった。この映画は、13歳の少女が不思議な世界に迷い込む宮廷ファンタジーで、龍が登場したり、美少年が登場したりと韓国内で「千と千尋の神隠しの盗作だ」と批判の声が高まった。

「鬼滅の刃」でも、2020年に「鬼殺の剣」という韓国のゲームに盗作疑惑が浮上した。ゲーム会社側は盗作を否定したが、サービス提供開始からわずか6日で終了するという異例の事態となった。

韓国で制作されたゲーム「鬼殺の剣」。「鬼滅の刃」に似ている

 反対に、韓国内で「鬼滅の刃」が韓国の作品を盗作しているという疑惑が持ち上がったこともある。

「鬼滅の刃」に登場する竈門禰豆子(ねずこ)といえば、着物を着て口に竹をくわえている。その様子が、韓国の歴史ドラマ「不滅の李舜臣(イ・スンシン/2004~05年)」の登場人物の描写にそっくりだという批判が出たのだ。「韓服を着た登場人物が口に白い棒をくわえている様子とそっくりだ」「帯紐のデザインまで似ている」という批判である。

 この指摘を見た韓国のネット民も、「タイトルも“鬼滅”と“不滅”で似ているし間違いない。訴えてもいいのでは?」「これで鬼滅の刃は韓国のものだ」とコメントしている。

 炭治郎の耳飾りも「旭日旗だ」と騒ぎ、デザインまで異なるものに変更させた韓国。彼らはとにかく日本が目立つことを容認できないようだ。事あるごとに粗を探して日本を批判し、良いと思ったものは儲けのために利用する。

アニメや漫画にもある“反日無罪”

 韓国では繁盛店の近くに同じような店舗を構える経営者が多い。ある地域でカルビ店が流行っていれば直ぐ近くで似通った店をオープンするし、チキン店が繁盛していればチキン店を構える。「あの店が繁盛しているのだから、側で同じような店を構えれば客が流れ込んでくるだろう」という考えだ。

 これはアニメや漫画でも同様で、このような韓国人の思考は実際に日本のコンテンツに実害を与えている。先の「鬼殺の剣」を見ても、ゲーム内で使用されている言語は韓国語だが、キャラクター音声は日本語で、ストーリーや登場人物をまねているのだからパクりもいいところだろう。日本相手であれば何をしても許されるという“反日無罪”理論が、アニメなどのコンテンツにも及んでいるということだ。

 しかし、先述の「Baby Shark」を作ったオンリー氏の例のように、訴えたところでいくらでも言い逃れされてしまうのが韓国司法だ。今年改正された種苗法のように、著作権についても保護していただきたいものである。日本のアニメや漫画には、それだけの価値がある。