次世代機分析:Xbox Series X|Sは家庭用ゲーム機世代の終わりの始まりである –

Microsoftの新しいデバイスは,今日では必須の購入ではないかもしれないが,業界の将来のための基礎を築く。

 伝統的に,新しいゲーム機の世代が始まると,ハードのリセットが行われる。

 高価な新しいゲームボックスには,せいぜい一握りの発売タイトルしか入っていない。前に使っていたゲーム機とそのすべてのゲームは,下取りに出していないと仮定して,埃を集め始める。古いものは捨てて,新しいものを取り入れる。

 あなたの携帯電話をアップグレードするときと比較してほしい。すべてがあなたのコンピュータやクラウドにバックアップされている。あなたはSIMカードを交換し,通常のセットアッププロセスを通過する。バックアップをダウンロードすると ― 前の機種の状態を正確に再現できる。あなたの写真,音楽,ポッドキャストやアプリはすべて存在している。そう,興奮するほどのピカピカの新機能もいくつかある。しかし,あなたの新しい携帯電話は本質的にあなたの古いものを複製したのではなく,完全にそれを置き換えたものだ。

 私のXbox Series Xを設定すると,まったく同じ感じ ― とくにアップデートがダウンロードされている間,セットアップを行うためにXboxのスマートフォンアプリを使用していると。同じ設定,タイトルの同じライブラリ,同じすべて. Microsoftはモバイルプラットフォームのように,ハードウェアのリリースとは別にインタフェースを改良した。ローンチ直前に行っているため,UIさえも同じだ。

この次世代機の「次」は,これまでのどのゲーム機でも経験したことのない連続性の感覚を提供し,より微妙なものになっている

 だから,クラウドセーブのおかげで,前のXboxでプレイしていたゲームに,その日,その週,あるいは1年前に飛び込んで,私が去った場所から続けることができた。ただ,大きな箱と少し微調整されたコントローラを持っている。

 この次世代機の「次」ははるかに微妙で,これまでの家庭用ゲーム機では経験したことのない連続性の感覚を提供している。

 Twitterの反応としては,「PS5にも下位互換性があるんだから」というものと,「新しいものがないなら意味がない」というものがある。

 そう,PlayStation 5には後方互換性があるが,Microsoftはそれにもっと力を入れており,努力もしている。Xbox Series X|Sは,Xbox Oneから始まった後方互換性のおかげで,4世代分のXboxゲームをプレイすることができ,プレイヤーは古いゲームを楽しむだけでなく,いくつかの顕著な強化を見ることができる。しかし,Xbox Series Xのために最適化されていないゲーム ―Assassin’s Creed Origins, Perfect Dark HD, そして私の愛するAssassin’s Creed Unityを含む― すべては,私が今まで古いマシン上で覚えているよりもスムーズに,より鮮明に実行されるのだ。

 それに比べて,ソニーは,PlayStation 1から3を放棄している。そのうち2つはエミュレートすることができたにもかかわらずだ。そして最近のPush Squareのハンズオンによると(参考URL),PS4のタイトルの中にはPS5への改善点がほとんどないものもあるという。今年の大ヒット作であるThe Last of Us: Part 2でさえだ。

 さらに重要なのは,何も新しいものを提供していない新型機に何の意味があるのかということだ。

 Microsoftが弱いローンチをしているのは救いにならない。Haloの遅れのおかげで,Xbox Oneのゲームがパワーアップしただけで,ファーストパーティのローンチタイトルはなく,The Mediumのような独占タイトルでさえも,足を引っ張ってしまっている。今週はAssassin’s Creed Valhallaのようなスタータイトルが続々と登場しているが,PlayStation 5のような「すごい」要素はない (Miles/Astro/Demon’s Soulsは好みによるが)。

Xbox Series Xのローンチは,キラーコンテンツの欠如によって弱体化しているのは否めないが,それは本機の長期的な魅力を損なうものではない
次世代機分析:Xbox Series X|Sは家庭用ゲーム機世代の終わりの始まりである

 Xbox Series X 用に最適化されたゲームは十分にきれいに見えるが,世代間のグラフィックスの飛躍は,どんどん段階的になってきている。個人的には,Dirt 5のレイトレースされた水たまりやその他のライティングの妙技に興奮するのは難しいと感じているが,私が少数派であるとは思えない。

 Statistaによると(参考URL),米国 ―圧倒的にXboxの最大市場― では3分の1の世帯のみが2018年に4K UHDテレビを所有していた。Microsoftもソニーも,テラフロップス,8K,120フレーム/秒,その他のグラフィックス/技術的ななにかを好き勝手に語ることができるが,人々が適切なスクリーンを持っていなければ,それは推進要因ではない。それは必要不可欠なものではなく,のちのアップグレードのための将来性を保証するために必要なものなのだ。ゲームが家庭用ゲーム機の売り上げを牽引する。

 ある意味では,Chrisが最新のポッドキャストで観察したように(関連英文記事),今はXbox Series Xのための瞬間ではない。Halo,Fable,Everwild,Forza Motorsport,Starfield,そして(お願いだから)新しいPerfect Darkが来年かそこらで登場するときが来るのだ。昨日はそれらのために必要なマシンの到着を示した。始まりだ,準備だ。ツリーができたからといって,クリスマスになるわけではない。

今日,Series Xを購入した人は,Microsoftが何年も約束を果たさないかもしれないものを買っていることになる

 もちろん,Microsoftは悪い状況を最大限に活用している。しかし,COVID-19の影響は,おそらくCraig the Bruteのミームと組み合わされ,Phil Spancer氏によると(参考URL),コミュニケーションの計画性の低さから,Halo Infiniteは来年まで出ていないことを意味している。3年の開発期間があるにもかかわらず,Forza Motorsportも何かの理由でまだ準備ができておらず,Microsoftが何年もかけて買収してきた多数のスタジオのタイトルのどれも出ていない(ObsidianやDouble Fineのように,多くは先に完成させるべき前のプロジェクトがあったにもかかわらずだ)。

 大作ゲームは発売時に家庭用ゲーム機を売るためには欠かせないものだが,何度も言われているように,XboxはもうXboxを売っているだけではないということを覚えておくことが重要だ。エコシステムを売っているのだ。多種多様なゲームが家庭用ゲーム機の販売を促進するのだ。

 この夏のMicrosoftの各デジタルプレゼンテーションを思い出してみてほしい。これらは,Game Passとそれに付属するタイトルを宣伝するのと同じくらい,新しいマシンについて “気合を入れる “ように人々を励ましていた。Bethesdaの買収でさえ,Fallout,Elder Scrollsなどが欲しいならば,Xboxを手に入れるべきマシンであるというメッセージが込められていた。Xboxは,サブスクリプションサービスを通じて,もはや単一のプラットフォームではなく,新旧の家庭用ゲーム機,PC,そしてxCloudの着実な展開のおかげでモバイルにも対応している。

 Series Xは,新世代の幕開けというだけでなく,Xboxのエコシステムへの最新のエントリーポイントでもある。過去の家庭用ゲーム機の発売を振り返ってみると,初日のラインナップに数十本の新作ゲームがあったとしても,ほとんどの人は2〜3本しか買えないのが実情だ。しかし,私は初日からGame Passのタイトルや以前に購入したゲームでハードドライブを埋め尽くし,新しい家庭用ゲーム機を使って何を楽しむかの選択肢に恵まれていた。

 これは,Microsoftが以前から続けてきた戦略であり,業界のシフトが進んでいることを物語っている。Xbox Series X ―そして,同程度にPlayStation 5 ― では,非常に多くの人々がまだ旧機種で遊んでいるので,過去に片足を置く必要がある。過去数年の大作ゲームを見てみよう。Fortnite,PUBG,GTA Onlineなどは,ゲーム機の移行に伴うハードのリセットをする余裕がないゲームだ。継続性が必要なのだ。Rainbow Six Siegeのようなゲームでさえ,続編の代わりに無料でアップグレードできるようになっている。ゲームは,ほかの多くのエンターテイメントと同様に,サービス主導型になりつつあり,ハードウェアの壁はそれを助長するものではない。

Xbox Series Xは,ビデオゲームに参加し続けることが,携帯電話をアップグレードするのと同じくらい簡単なことであるという絵を描いている
次世代機分析:Xbox Series X|Sは家庭用ゲーム機世代の終わりの始まりである

 これこそが,Xbox Series Xが私に突きつけたポイントだ。ビデオゲームは,他のエンターテイメントにはない形で,テクノロジーとフォーマットに阻まれていた。我々は100年前の本を読んだり,数十年前のDVDを最新のプレイヤーで見たり,さらに昔のCDを聴いたりできるが,6〜7年後にゲームをプレイするには新しいデバイスが必要になる。世代が昔に比べて長くなったとはいえ,それはあまりにも狭い窓であり,とくに,各カットオフによって以前のゲームにアクセスできなくなってしまうのであればなおさらだ。

Microsoftは,業界が新しい製品時期だと決定したときではなく,人々がそうしたくなったときにアップグレードすることを望んでいる,ちょうど彼らの携帯電話と同じように

 名前が悪いのだが,Microsoftは,Xbox Oneを”オールインワンのエンターテイメントシステム” と呼ばれるものにしようとしていた 。ゲーム,音楽CD,DVD,Blu-ray(One Xでは4K UHD Blu-ray)に加えて,映画,テレビ,音楽のストリーミングサービスなど,我々が過ごしているすべてのサービスに対応するものだ。PS4もこれに対応しており,次世代機もこれに対応している(ただし,ソニーの現行機も次世代機もCDは再生できない)。

 要するに,ゲーム機がゲームデバイスであることをはるかに超えているということだ。Microsoftが新世代のブランドを単に「Xbox」と言っているのには理由がある(※新機種の名前はXbox Series Xではなく単にXboxだ)。 ― 「iPhone」のように,それが大衆への呼ばれ方だ。彼らは,iPhoneを持っているかどうかを区別しない。 6,7 もしくは Xであれ,それはiPhoneだ。

 それは大きな賭けだ。Microsoftは,あなたが趣味のために5〜7年ごとに500ドルを投資する必要のない未来のためにプッシュしている。それはすでにスマートフォンスタイルのXboxオールアクセスで,月々の支払いプランとの代替案を提供していることでもわかるだろう。Microsoftは,業界が新製品の時期だと判断したときではなく,好きなときにいつでも人々がアップグレードすることを望んでいる。そして,機種の切り替えをするときには,すべての彼らのゲームや以前のコンテンツは,そのまま使えるようになっているだろう。

 それは簡単な世界ではない。アナリストはPS5がXbox Series X|Sを上回るだろうと予測しているので(関連記事),急にMicrosoftにシフトするような状況にはならない。そして,ソニーはHorizon Forbidden West, Ratchet & Clank, そして Gran Turismoを先の2021年に期待しているのに対して(関連英文記事),こちらは2022年までに新作のFable や Forzaを楽しむことにはなりそうにない。
 そして,Microsoftは確かにXbox Series Xのための強力な事例を作っていない (まだ)。 我々はまだHaloを待っている。Forzaを,プラットフォームホルダーが購入した多すぎるスタジオからの将来の独占権すべてを。 今日,Series Xを購入した人は誰でも,Microsoftが何年も約束したものを買っていることになる。

 しかし,PlayStationの所有者は,Spider-Manのような大ヒット作のセーブデータの引き継ぎに苦労しているが,Spider-Manは発売からまだ2年しか経っていないゲームだ。私がAndroidに乗り換えるのではなく,何年もiPhoneにこだわってきた理由は,そのシームレスな移行性にあり,それは私だけではないと想像できる。新しいハードウェアに関連付けられた学習曲線はないので,あなたはそれの使用に集中するしかない。

 Xbox Series Xとその延長線上にあるSeries Sには学習曲線がない。ただゲームをするだけだ。そうだ,初日に劇的に新しい体験ができないことに,少し物足りなさを感じるのはありがちだ。しかし,やりかけのタイトルを続けることの容易さと,新しい家庭用ゲーム機で楽しめるものを広げるために頻繁にリリース予定のものを購入する必要がないことを知ることは,数年ごとにやり直す必要のない世界を描いている。

 ハードリセットの時代は終わりを迎えようとしている。新しいものは,古いものと併存していくのだ。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら

Related Articles

ローグライトACT『Curse of the De...

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビュー...

『パズドラ』2021年初のプロゲーマーはRu-ya...

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細パズル&ドラ...

【2020年】おすすめ アクション映画 歴代ランキ...

何と言っても気持ちがスカッとするアクション映画...

GDDR6メモリ採用! GeForce GTX 1...

 ASUS JAPANは、GDDR6メモリ採用のG...