次世代機分析:XboxがNetflixならPS5は映画だ –

PlayStationの新型ゲーム機は作るゲームの延長線上にある。

 PS5とXbox Series Xに手を出して興奮したのは,ゲームが好きだからというだけではなく,そもそもなぜ新しい家庭用ゲーム機が必要なのかを本当に理解したかったからだ。

 このパンデミックの年では,E3やGamescom,EGXに行って試遊できなかったので,なぜこれらの新機種が必要なのかを理解することができなかったのだ。確かに伝統的な7年は終わっていたが,ゲーム作りにこれだけ時間がかかっている世代では,7年で終わらせる必要があったのだろうか? Rockstarのゲームは1本だけで,Naughty Dog のような多作スタジオでもメジャーリリースを2,3本しか出していない。Xbox Oneでは少なくとも1本はKen Levineの新作ゲームをプレイしているだろうと思っていたものだった。

 先日,同僚のジャーナリストと議論した際に,2020年を「PS4にとっての偉大な白鳥の歌」と呼び,DreamsやファイナルファンタジーVII,The Last of Us Part 2,Ghost of Tsushimaなど(その他諸々)のメジャーで優れたゲームに言及していた。しかし,今年は白鳥の歌のようには感じなかった。むしろピークのように感じた。PS4のユーザー数は1億人を突破し,これまで以上に多くの人が夢中になっていた。ゲームも(今も)出続けていた。なぜ今こそ下取りに出すべきなのか,もう1つのテレビに降格させてNetflixの配信システムとしての引退を楽しむべきなのか,私には理解できなかったのだ。

PS5は本当に必要だったのか?
次世代機分析:XboxがNetflixならPS5は映画だ

 そして,ローンチの周りのレトリックは,私の懐疑論をほとんど克服してくれなかった。Xboxは,その「Series」デバイスが事実上,しばらくの間提供されてきたものをアップグレードしたものであるという事実をオープンにしていた。一方,ソニーは,インスタントローディング,3Dオーディオ,触覚フィードバックを謳っていた,まるでこれらのことが革命であるかのように。私のNintendo Switchは,誰も使っていない派手なランブル技術を持っていて,ゲームはかなりすぐにロードされる。私の両親はサラウンドサウンドシステムを持っている。これでは新世代にはふさわしくない。

 さて,PS5と1週間を過ごしてみたが,どうだろうか? 私が最も時間を費やしたゲームはInsomniac GamesのSpider-Man: Miles Moralesで,PS4でも同様に素晴らしいSpider-Manの素晴らしいフォローアップ作品だ。2年の歳月をかけて作られたこのゲームは,驚くほど短く,コアな体験という点では前作と非常に似ているが,オーディオ,ビジュアル,ファンシーなランブル技術など,PS5の新しい没入型ゲームのすべてを駆使している。そうすることで,PS5の真価が見えてくると思う。PS5は革命的なものではないが,ソニーがこれまで歩んできた道のりの中で,もう1つの大きな一歩を踏み出したものだ。

PS5は,高品質でAAA級のゲーム体験を提供するものであり,派手なヘッドセットやコントローラを使って自分でプレイできる

 PS4の成功の指標として1億インストールベースの話をしているが,もう1つ,ファーストパーティのゲームの実績がある。Uncharted, The Last of Us, Spider-Man, Horizon: Zero Dawn, God of War, Bloodborne……。どれも絶賛された名作であるだけでなく,PlayStation社内のチームがこれまでに達成したことのない数字を叩き出している。その多くは全世界で1000万本を超えている。

 それらはまた,業界のトレンドとは対照的なものでもある。他のビジネスがオンラインマルチプレイヤーやサービス型ゲームに力を入れている中で,ソニーはこの世代では,主にシングルプレイヤーでストーリー性のある大作ゲームの開発に時間を費やしていたが,それが功を奏していた。ソニーはこの映画的なアイデンティティを積極的に取り入れており,新しいPlayStation Studiosのオープニングのスティングは,映画の冒頭に出てくるようなものをイメージしたものになっている。実際には,ブランディングは,ほとんど忘れ去られたラチェット&クランク映画の前に ― PlayStation Productionsの旧名称 – PlayStation Originalsで使用されているものとほぼ同じだ.

 XboxとGame Passが “ゲームのNetflix “であるなら,PlayStationは映画だ。Xboxは,あなたがすべての形や大きさの異なるものの負荷を再生するために毎月10ドルを支払うことを望んでいる。PlayStationは70ドルを払って,たった1つの特別な超大作を体験してほしいと思っている。

Spider-Man: Miles Morales は,新しい家庭用ゲーム機のための素晴らしいショーケースだ
次世代機分析:XboxがNetflixならPS5は映画だ

 PS4誕生時に主役だったインディーズデベロッパが,PS5のプロモーション中に少し見過ごされているのはなぜなのか,その理由がよく分かる。PS5の話では,God of War and Final Fantasy and Horizon and Resident Evil and Spider-Man,Hitmanなどが取り上げられていた。派手なヘッドセットとコントローラを使って自分でプレイする,大作で高品質なAAAゲーム体験だ。

 昨年,私はRemedyのある人に話を聞いたのだが,その人は,同社の新しい物語性のあるシングルプレイヤーゲームControlは,「PlayStation向けのゲームのように感じるから」という理由で,PlayStationではもう少しうまくいくのではないかと推測していた。確かにそうだ。サービスベースのマルチプレイヤーゲームは,Forza Horizon,State of Decay,Sea of Thievesでビジネスを成功させてきたXboxに適していると感じている。あるいは,マリオやポケモン,どうぶつの森など,懐かしのファミリーゲームがNintendo Switchによく似合うのと同じように。

 そう考えると,Xbox Series X が前作の延長線上にあるように感じられるのも納得でき,PS5 にはゲームをより没入感のあるものにするために設計された技術が満載なのも納得できる。Spider-Man: Miles Moralesは,前作のゲーム機の前に出てきたようなものだが,技術的なタッチが追加されたことで,事実上,インタラクティブなマーベル映画になるための大きな一歩を踏み出すことができた。ゲームの約20%に橋の上での壮大なシーンがあり,ストーリー,演出,音声,見た目,手に持った感じなど,初めて体験することでスリリングな気分になる。

 技術だけではない。起動時のサウンド,UI……白いフィンを跳ね返すライトを備えた家庭用ゲーム機の美学さえも(好き嫌いは別として),私の地元のCineworldの外観のように見え,プレミアムな感じがする。

 過去5年の間に,PlayStationは,巨大で高価なブロックバスターゲームの提供者としてのアイデンティティを確立し,PS5はその家庭用ゲーム機の現れである。このような経験をしているスタジオや,それらの製品を楽しむゲーマーにとって,このゲーム機は彼らのために作られたものなのだ。

Related Articles

これはひどい「賢者の孫~究極魔法伝説~」【新作ゲー...

これはひどい「賢者の孫~究極魔法伝説~」【新作...

ガレリア、“電撃ベストバイ2020”受賞を記念した...

 圧倒的パフォーマンスと安定性を誇るゲーミングPC...

SONY主催「trialog vol.10 | ニ...

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください 2...

ASUS ROG Phone 3が9月26日に発売...

ゲーミングスマホの代名詞とも...

[CoDBoCWライブ]超エンジョイ勢による新作C...

今日のひとこと ~CoD新作の興奮がとまらない...