アナリストやパブリッシャは,ゲーム販売のブームは今後も続くと語る –

企業のトップや業界アナリストは,2020年の増収分の少なくとも一部が今後も継続すると予想している。

 2020年の幕開けとなる1月と2月は,大方の予想どおりにアメリカでゲームの売上が落ち,家庭用ゲーム機の売上も落ち,誰もがその年の後半の新しいピカピカの家庭用ゲーム機を待っていた。そして,ビデオゲームブームが始まった。人々が家に閉じこもっている中で,ビデオゲームはパンデミックの中に勝者が存在し得るとすれば,その最大の勝者の1つとなった。私にとっての大きな疑問は,これが一過性の現象なのか,それともテレビゲームに慰めを見出した多くの人々が,来年,再来年と続いていくのか,ということだ。

 ゲームソフト販売のブームは非常に大きなものだ。以下は,NPDグループによると,パンデミックの初期隔離期間を起点としたゲーム,ゲーム機,アクセサリの月別の前年比成長率だ。

 6月と7月のハードウェア以外は,全体的に非常に好調な伸びを示しており,2つのマイナスの数字も,ハードウェアが十分に入手できなかったことが原因の一部だ。とくにNintendo Switchは,どの部品会社もこれをすべて予測して事前に生産を上げていなかったので,ここ数か月は簡単には手に入らなかった(※これでは昨年より下がる理由にはならないので,パンデミックによるサプライチェーンの機能不全のほうが原因として適切なように思える)。

 この3か月間がブームの平準化だとすれば,パンデミック前のレベルよりもはるかに高いレベルにあるので,ゲーム会社は喜ぶべきだろう。しかし,スポーツイベントや映画,コンサートなど,パンデミックの影響を最も受けたエンターテイメントがオンラインに戻ってくると,これらの利益は消滅し,業界は元の状態に戻ってしまう可能性がある。

 大規模なゲームパブリッシャは,将来の予測と,最後の四半期のカンファレンスコールでこの傾向について質問をせざるを得なかったアナリストへの返答で,いくつか興味深いことを言っていた。

Daniel Alegre氏 ― Activision Blizzard COO
 「新しいプレイヤーがゲームに参入してくると,新鮮で説得力のある体験を楽しむ大規模なコミュニティを持つ大規模なフランチャイズに引き寄せられると考えています。Call of DutyやWorld of Warcraftでもそうでしたが,我々は多くのゲームのソーシャル性の恩恵を受け続けています。新しいプレイヤーが既存のプレイヤーや新しい友人とゲーム内でつながりを持つことで,多くのプレイヤーが長期的にゲームに関わってくれることが期待できます。これは本当に大きなチャンスだと考えています」

Dennis Durkin氏 ― Activision Blizzard CFO
 「第3四半期のガイダンスには自信を持っています。…… 第4四半期のガイダンスでは,当社が見通しに適用した適切なリスクがあることを示唆しました。もちろん,その理由はいくつかあります。失業率が異常なレベルで推移していることや,とくに新しいゲーム機が発売されることで,新しいハードウェアの購入で消費者の財布が空っぽになってしまうリスクがあることは誰もが認識しており,同様に,小売チャネルの縮小が続く中,小売チャネルについても比較的保守的でありたいと考えています」

Blake Jorgensen氏 ― Electronic Arts,CFO/COO
 「このゲームには多くの新しい人たちが関わっていることを知っています。多くの人がアルティメットチームやスポーツフランチャイズに参加しています。このような状況が一朝一夕に終わるとは考えていませんが,今後も続くとも考えていません。そして,それが長期的な成長をもたらしてくれることを願っています。しかし,それは最終的には 来年のガイダンスの話を始めたときに 問われることになるでしょう。我々が通常行っているすべてのことが問題になります。しかし,今後のガイダンスについては,我々の保守的な考え方を,利益や関与について何かを言っているとは思わないでください。最終的には経済がすべてです」

Andrew Wilson氏 ― Electronic Arts,CEO
 「……完全に新しいプレイヤーです。私がお伝えしたいのは,まだ早い段階であり,この時点でこれらの集団の将来の行動を予測するのは少し難しいのですが,彼らはゲーム内で最も強く,最も関与しているグループの一部のようにパフォーマンスを発揮しています。…… 予測するのは簡単ではありませんが,初期の兆候は非常に強く,これがFIFAコミュニティにとって長期的にどのような意味を持つかについては非常に楽観しています」

ロックダウン中にFIFAのようなゲームに目を向ける人が増えることは,将来的にそれらのゲームにプラスの効果をもたらすとEAは考えている
アナリストやパブリッシャは,ゲーム販売のブームは今後も続くと語る

Karl Slatoff氏 ―Take-Two Interactive,社長
 「第2四半期のガイダンスでは,第1四半期に開始して以来の追い風を受けました。当社の事業にいくつかの利益が継続しているという事実を織り込んでいるので,第2四半期のガイダンスではそのようにしています。― 実際には第4四半期末も同様に,第2四半期のガイダンスにもそのような要素が含まれていると考えていますが,下半期に関しては,それに関連したことは何も織り込んでいません」

Strauss Zelnick氏 ―Take-Two Interactive,CEO
 「古いアナログなエンターテイメントから新しいインタラクティブなエンターテイメントへのシフトが強まっているのだと思います。そして,人々が今まで試していなかったテレビゲームに戻ってきて,挑戦しているのでしょう。そして,今後も長期的な需要の増加が見られると思われます。繰り返しになりますが,これは数字には反映されていません。私の意見に基づいてガイダンスを作成しているわけではありませんので」

 みんなヘッジしているのが伝わってくる。Activision Blizzard は新しいプレイヤーとのつながりのためにと言い,EA はエンゲージメントレベルの一面に同意し,Take-Two はインタラクティブエンターテイメントの需要の変化を追加している。その後,彼らは皆すぐにまだ将来の収益の見積もりにそれを組み入れることについて確信していないと語る。

 彼らは全員,今年の残りの部分のガイダンスを以前よりもわずかに高くしているので,完全に無視しているわけではないが,解消が保証されない不況と,やがてオンラインに戻ってくるエンターテイメントの多くの選択肢の脅威が,これらの新たな利益を完全に信じることから彼らを押し留めている。

 業界アナリストの予測と比較したパブリッシャの年間売上高の目安も興味深いので,まずは各社が売上高(十億ドル)で何を予測しているかを見てみよう。

 次に,業界アナリストの予測を見てみよう。この数字は,ヤフーファイナンスの全アナリストの予測の平均値だ。すべて20人以上のアナリストをカバーしている。

アナリストやパブリッシャは,ゲーム販売のブームは今後も続くと語る

 終了間近の四半期については,ActivisionとEAの両方がアナリストの収益予測を上回っているが,アナリストは3つとも今期の予測を上回っており,Take-Twoの第2四半期の予測も上回っていた。最も興味深いのは,アナリストが3社とも来年は収益が伸びると想定していることだ。

 驚くようなことではないが,一般的には,来年成長するためには今年上げた高い売上を維持し,それを上回る必要があるため,Activisionの2.7%のような小さな成長は,実際には昨年の収益を26.8%上回っていることになる。アナリストによると,25%近い成長を維持しつつ,それにプラスすることが期待されているのだ。

 その一部はもちろんゲームだ。パブリッシャは,期待値のバーを低く設定して,それを簡単にクリアして,収益に弾みをつけ,ガイダンスを下方にずらすことによる悪影響を避けたいと考えている。しかし,このデータではそれが当たり前であるにもかかわらず,業界アナリストが来年の成長を想定している部分は,その特定のゲームとは何の関係もない。

 それは,アナリストが今年の収益のすべてが維持されると予想していることを示しているようで,来年には少しだけ正常な成長を期待しているようだ。Take-Twoはそれ以上に,来期は11%の成長率である。隔離されていた新規ゲーマーが少なくとも部分的には残っている以外に,何か要因があるのだろうか?

 次の15か月から18か月の成長のための要因がほかにもあるかもしれない。 ― 年度末の時期に基づいて,Activisionの15と他の2社の18。最も明白なのは,どの会社も通常よりも大きなリリーススケジュールが予想されることだ。ここで私が議論できる唯一の企業はActivision Blizzardで,来年にはDiablo ImmortalとOverwatch 2の可能性があり,この企業は通常の年よりも飛び抜けるのに十分な大きさで終わる可能性がある。しかし,EAとTake-Twoは,新しい家庭用ゲーム機世代が彼らの現在のドル箱からの追加収入がない限り,単に普通の年を迎えることになるだろう。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら

Related Articles

【ゲームレビュー】NieR Re[in]carna...

どうも燈阪 澪(トウサカ レイ)と申します! ...

Zoom会議、ビデオガイドも録画できる!「Ease...

イマドキのOSなら画面の撮影、録画機能は標準で搭載...

『マーベルアイアンマン VR』ってぶっちゃけどうな...

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント...

VTuber多数出演の新作PS4ソフトが低評価の嵐...

ご視聴ありがとうございます。 ◇見るものがない...