eスポーツの有力チームのリーダーに「パワハラ」疑惑:大手ゲーム会社も調査に動いた問題行動の中身 | WIRED.jp

0
eスポーツの有力チームのリーダーに「パワハラ」疑惑:大手ゲーム会社も調査に動いた問題行動の中身 | WIRED.jp

お知らせ:Thursday Editor’s Lounge

次回のThursday Editor’s Loungeは1月20日(木)に開催いたします。ゲストは古田秘馬(プロジェクトデザイナー/umari代表)。詳細はこちら。

セシリア・ダナスタシオ

『WIRED』US版スタッフライター。ゲーム業界とゲームカルチャーを担当。以前は「Kotaku」「G/O Media」のヴィデオゲーム部門でシニアレポーターを務めていた。

eスポーツの世界で最も著名なリーダーのひとりに、職場でのパワーハラスメント(パワハラ)の疑いが浮上した。eスポーツの有力チームとして知られる「Team SoloMid(TSM)」の創設者で最高経営責任者(CEO)のアンディ・ディンから言葉による虐待といじめを受けたとして、元従業員と現従業員、そしてeスポーツのプロ選手らが告発したと、複数の情報筋が『WIRED』US版に明かしたのである。

告発を受け、TSMが参加する「リーグ・オブ・レジェンド」のチャンピオンシップシリーズを運営するライアットゲームズは、ディンの行動に関する調査を2021年末に開始した。また、TSMも同時期に独自の調査を開始したことを認めている。

「TSMのCEO兼オーナーに関してなされた申し立てについては認識しています」と、ライアットゲームズは『WIRED』US版の取材に対して回答した。「わたしたちはリーグの運営者として、TSMのリーダーであるディンに対してなされた問題行動の申し立てに関する独立調査をリーグの標準的な手順に従って実施するよう、法律事務所のO’Melveny & Myersに依頼しました」

ライアットゲームズとディンは、いずれも調査が進行中であることを理由にコメントしていない。

有力チームのリーダーの裏の顔

29歳のディンはeスポーツ団体であるTSMを2009年から率いており、eスポーツのコミュニティでは「Reginald」のハンドルネームで知られる。20年には『Forbes』がTSMの時価総額を約4.1億ドル(約470億円)と推定し、最も時価総額の高いeスポーツ企業として取り上げた。

TSMは昨年、香港の仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)取引所と2.1億ドルの命名権契約を締結し、取引所の名称を「TSM FTX」に変更した。TSMは複数のeスポーツチームを運営しており、「フォートナイト」「VALORANT」「エーペックスレジェンズ」「大乱闘スマッシュブラザーズ」などの人気ゲームでさまざまなプレイヤーや配信者(ストリーマー)と契約し、ソーシャルメディアでは数百万人のフォロワーを獲得している。そしてTSMは史上最多のプレイヤー数を誇るeスポーツゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の代名詞となっており、各国から熱狂的なファンを獲得している。

南カリフォルニアに拠点を置くTSMには、51人のフルタイムの従業員がいる。このうち数人は『WIRED』US版の取材に対し、同社に魅かれた理由としてeスポーツ界におけるステータスの高さ、そして個人的にファンであることを挙げた。

ある現従業員によると、多くの従業員はディンによるものとされる「精神的な虐待」に幻滅したという。閉鎖的で人間関係が濃いeスポーツ業界のなかで業務上の報復を受けることを恐れ、多くの従業員が取材では匿名の扱いを希望している。

「eスポーツ業界は非常に歴史が浅く、ブラックな側面が大きいのです」と、ある従業員は語る。「仕事が決まるかどうかは、何より人間関係で決まりますから」

ディンがほかのeスポーツチームのオーナーやプロ選手と緊密な関係を保つために、元従業員や現従業員たちはディンの責任を追及することに及び腰になっていたと、2人の情報提供者は語る。

「(ディンは)悪い人間でありながら力をもっていることで見逃される、いじめっ子のようなものなんだ。みんな彼に立ち向かうのが怖いからね」と、ハンドルネーム「Doublelift」として知られるリーグ・オブ・レジェンドのトッププレイヤーでTSMでチームメイトだったイーリャン・“ピーター”・ペン(彭亦亮)は、昨年11月のライヴストリーミング中に発言している。「彼をじゃましないほうが自分の身のためだとみんなが考える。ただそれだけの理由で、単なるいじめっ子にすぎない人間が逃げおおせる。そんなやつには、もううんざりなんだ」

恐怖の文化に支配されたチーム

かつてTSMで働いたことのある4人は『WIRED』US版の取材に対し、同社は恐怖の文化に支配されていると語っている。2013年の時点ですでに、ディンが選手や従業員に言葉の暴力を浴びせたり怒鳴りつけたりすることが知られていたという。

ディンは従業員に対し「バカ」「役立たず」といった言葉を投げつけていたと、2人の情報提供者は語る。さらに2人の情報提供者は、ディンが終業後にも従業員に電話し、怒鳴りつけていたことを覚えている。また3人の元従業員と現従業員は、ディンがときに何時間にもわたり従業員を罵倒する言葉を吐き続けたと語る。

このほか、ささいなミスがきっかけで攻撃的な叱責が始まることも多かった。またあるときは、従業員が集合した面前で「見せしめ」として一部の従業員を得意気に怒鳴りつけたこともあったと、ある現従業員は語る。またある元従業員は、人前で叱責することで「見せしめにしたかった」とディンが発言したことを覚えている。

「普通の上司なら、部下の仕事に問題があると思えばフィードバックをすると思います。(しかしTSMでは)『こんなものはゴミだ』とか『お前は最悪だ』といった感じでした」と、ある現従業員は言う。この従業員は、ディンが少なくとも2週間に一度は誰かを泣かせていた時期があったと語る。

また元従業員と現従業員は、ディンの管理スタイルが従業員の離職やキャリア形成の問題の一因になっていると指摘する。3人の情報提供者によると、ディンの直属の部下になることを恐れて昇進を求めなくなった従業員もいるという。

「その先のキャリアで待ち受けているのはそういう状況ですから、TSMで長期的な未来を見据えることはとても難しいのです」と、ある現従業員は語る。「社歴の長い従業員は、いずれアンディにクビにされる日が来るとわかっています。そのきっかけが実にささいなものになるであろうこともね」