「2022 LoL World Championship」北アメリカの複数都市で開催へ! | esports PLUS

0
「2022 LoL World Championship」北アメリカの複数都市で開催へ!

PCオンラインゲーム”リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)”の世界大会「2022 リーグ・オブ・レジェンド World Championship」が、北アメリカの複数都市で開催されることが発表されました。

2022年度「LoL World Championship」北アメリカで開催

「LoL World Championship(Worlds)」は、米・Riot Games, Inc.が主催する”League of Legends(LoL)”の世界大会で、LoL Esportsの最高峰と位置付けられています。

世界12地域のトップチームが集まって世界チャンピオンの称号を懸けて戦う大会で、レギュラーシーズンの最後に毎回異なる地域がホストとなって開催され、ライアットの12のプロリーグから24チームが1ヵ月間に渡るトーナメントに参加。

そこで世界最高のチームが決定されます。

その2022年度大会「2022 リーグ・オブ・レジェンド World Championship」が、北アメリカの複数都市で開催されることが今回発表されています。

メキシコ・カナダ・アメリカの3か国にわたって開催

2022年度大会は、

・プレイインがメキシコのメキシコシティで

・グループステージと準々決勝が米・ニューヨークで

・準決勝がカナダのトロントで

・決勝が米・サンフランシスコで

開催されることが決まっており、ライアットゲームズが北アメリカの複数の国で開催するのはWorlds史上初めてのことで、特にメキシコとカナダでの開催は今回が初めてとなっています。

プレイインはLoL Esportsの”Liga Latinoamerica(LLA)”のホーム都市で開催され、グループステージとQuarterfinalsはマディソン・スクエア・ガーデンのHuluシアターで、またSemifinalsは”トロント・ラプターズ”のホームであるスコシアバンク・アリーナ、そしてFinalsはNBAのバスケットボールチーム”ゴールデンステート・ウォリアーズ”のホームであるチェイス・センターで開催されます。

このチェイス・センターはLoL Esportsの北アメリカリーグ(LCS)のチームである”Golden Guardians”のホームでもあり、受賞記録を持つスポーツ&エンターテイメントアリーナとして2019年に完成した、18,064人もの観客が収容可能なスタジアムです。

これまでの決勝戦は、アイスランドのレイキャビクにある”Laugardalshöllスポーツセンター(2021年)”、中国の”上海体育場(2020年)”、フランス・パリの”アコーホテルズ・アリーナ(2019年)”、韓国・仁川(インチョン)の”文鶴(ムナク)競技場(2018年)”、中国の”北京国歌体育場(2017年)”、ロサンゼルスの”ステープルズ・センター(2016年)”で開催されていて、今回のチェイス・センターは決勝が開催される10個目のアリーナとなっています。

2022年度大会開催にあたって

来年の「2022 LoL World Championship」開催にあたって、LoL EsportsグローバルヘッドのNaz Aletahaさんからのコメントが公開されています。

Worldsが米国で開催された2016年以来、League of Legends Esportsは拡大を続けています。

我々のグローバルスポーツが本来の規模で北アメリカに戻ってきて、コロナウイルスの状況が許す限りではありますが、3つの国の4つの都市でファンを客席に迎え入れられることをとても嬉しく思います。

引用:プレスリリース

まとめ

「2022 LoL World Championship」が、北アメリカの複数都市で開催されることが発表されました。

この大会はリーグ・オブ・レジェンドの世界大会で、世界中から強豪チームが集まって世界王者の座を巡って戦います。

詳しい情報は12月に発表されるということで、今後の情報に注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]