日本学生esports協会 / Gameic,SDGsへの取り組みとしてカーボン・オフセットを実施

0

SDGsへの取り組みとしてカーボン・オフセットを実施
配信元 日本学生esports協会 配信日 2021/09/14

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

日本学生esports協会 / Gameic は、SDGsへの取り組みとしてカーボン・オフセットを実施し、eスポーツのecoで持続可能な未来の発展に貢献して参ります。
日本初となるeスポーツからの環境貢献

日本学生esports協会 / Gameic(本社:東京都港区、 代表:前川友吾、 以下「Gameic」)は、 主催大会の運営や協会運営に際しての様々な場面でカーボン・オフセットを実施することにより、 温暖化防止や地球環境のためにeスポーツを通じて貢献すべく活動して参ります。

目次
・SDGsへの取り組みとして、 カーボン・オフセット制度名刺の利用
・SDGsへの取り組みとして、 一般eスポーツ大会として日本初となるカーボン・オフセットの利用
・カーボン・オフセットについて
・日本学生esports協会 / Gameic について
・「IdentityV Open Tournament powered by Red Magic」について

Gameic は、 アマチュアeスポーツプレイヤー、 アマチュアeスポーツ団体、 アマチュア大会の主催者を、 認証団体・公認団体制度、 公認大会制度等を通じて支援して参りました。 認証団体数は430を超え、 公認大会制度では、 毎月10以上の大会へ協賛や運営・広報のサポート等をしております。

これらの活動をよりecoで持続可能なものにするべく、 日常の消費電力の削減等に加え、 環境省が推奨しているエコアクションを取り入れ、 和歌山環境省エコアクションポイント協会さまのご指導の下、 様々な場面でカーボン・オフセットを実施して参ります。

SDGsへの取り組みとして、 カーボン・オフセット制度名刺の利用

画像集#005のサムネイル/日本学生esports協会 / Gameic,SDGsへの取り組みとしてカーボン・オフセットを実施

こちらの名刺は、 印刷に際しての環境への取り組みとして、 100枚あたり20kgのカーボンオフセットを実施しております。 SDGsの17の目標のうち
13.「気候変動に具体的な対策を」
15.「陸の豊かさも守ろう」
に対して製造者自ら取り組むのはもちろんのこと、 問題に取り組む機会をより多くの企業・団体に提供することで、 持続可能でよりよい世界づくりへの貢献を目指しております。

〜製造者情報〜
企業名:株式会社イーファクトリー(環境省認定 和歌山環境エコアクションポイント協会員)
事業内容:印刷物全般、 紙加工、 検品、 内職、 発送代行、 保管・管理、 オリジナル商品の企画・販売
会社HP: https://efactory.co.jp/
電話番号:072-963-4533
メールアドレス:[email protected]

SDGsへの取り組みとして、 一般eスポーツ大会として日本初となるカーボン・オフセットの利用

画像集#004のサムネイル/日本学生esports協会 / Gameic,SDGsへの取り組みとしてカーボン・オフセットを実施

2021年8月28日(土)、 29日(日)の2日間に渡って開催された「IdentityV Open Tournament powered by Red Magic」の運営に際して、 使用する電力により発生する二酸化炭素排出をカーボンクレジットにおいてオフセットし、 ecoなeスポーツ大会を運営いたしました。

また、 運営に際して、 大会スタッフへ徒歩・eco car にて移動するよう呼びかけると共に、 クールビズの徹底により冷房の使用を控えるなど、 二酸化炭素排出量の削減のために多面的な取り組みを実施いたしました。
なお、 今回のJ-クレジットは東北地域創出のクレジットを活用し、 東日本大震災被災地復興活動を支援しております。

今後も、 Gameicの公認大会ではカーボン・オフセットを利用したecoな大会運営・指導をすると共に、 eスポーツ市場のecoで持続可能な発展を促進すべく、 多面的な活動を行なって参ります。

カーボンオフセットについて
世界中で地球温暖化が最も重要な環境問題の一つとして認識される中、 我が国日本も、 2050年には温室効果ガスを1990年比で80%削減するという目標を掲げ、 国内外で排出削減・吸収に取り組んでおります。 近年、 カーボンオフセットの利用により、 この取り組みにより多くの企業や自治体が参加できるようになりました。

”カーボン・オフセットとは、 日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、 まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、 どうしても排出される温室効果ガスについて、 排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、 排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。 ”
(環境省HP内「カーボンオフセット」より引用:
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/
mechanism/carbon_offset.html )

日本学生esports協会 / Gameic について

画像集#003のサムネイル/日本学生esports協会 / Gameic,SDGsへの取り組みとしてカーボン・オフセットを実施

日本学生esports協会 / Gameicは、 「eスポーツと生きる時代へ」をビジョンに、 日本のeスポーツシーンを若い世代から盛り上げていき、 eスポーツを通じて国内で新たなエンターテイメントや雇用、 機会の創出をすることを目的として活動しています。

全国で430以上の団体様とパートナーシップを結び、 高校生・大学生を中心としたeスポーツプレイヤーや団体・大会の認証や公認を始め、 様々な支援活動を行なっております。 各種支援を通して、 eスポーツに関わるプレイヤーが心地良くeスポーツをプレイ出来る環境の整備を行なうと共に、 若者だけでなく、 全世代に向けてeスポーツの楽しさや素晴らしさ、 可能性を発信しております。

またGameicでは、 若い世代・eスポーツに関わりたい方向けに会員制度を整備しております。
詳しくはコチラ: https://gameic.jp/support-members/

団体名 :日本学生esports協会 / Gameic
連絡先 :[email protected]
事業内容:eスポーツ大会の運営、 eスポーツコミュニティの展開・運営、 eスポーツチームの認証、 eスポーツを通じたチャリティー活動など
URL : https://gameic.jp/
公認大会企画について: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000067034.html

「IdentityV Open Tournament powered by Red Magic」について

画像集#002のサムネイル/日本学生esports協会 / Gameic,SDGsへの取り組みとしてカーボン・オフセットを実施

レット症候群という難病を知っていますか?
この大会は、 NPO法人レット症候群機構を支援しています。
https://www.npo-rett.jp/index.html

・主催
日本学生esports協会 / Gameic
Red Magic
・公認
NetEase Games
・タイトル
Identity V 第五人格(スマートフォン版での開催)
・日時
本選:2021年8月29日(日) (開催済)

大会の詳細については、 下記URLよりご確認ください。
「IdentityV Open Tournament powered by Red Magic」大会公式HP: https://gameic.jp/ivot/