セ・パe交流戦 前節 DAY6(DB vs E、F vs C、L vs T)【eBASEBALL プロリーグ 2020】

セ・パe交流戦 前節 DAY6(DB vs E、F vs C、L vs T)のアーカイブはこちら!

「 NPB eスポーツ公式チャンネル」はこちらから

https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1

【DeNA 1×-0 楽天(クラウン)】

 

 

【出場プレイヤー】
DB:辻○ E:井上●

DeNAと楽天のセ・パe交流戦。ここまで対照的な成績となっている2チームの対戦は最終盤まで互角の展開となったが、僅かの差でDeNAがサヨナラ勝ちを収めた。

 先制点を狙う楽天・井上は1回表、2死から茂木の三ゴロが相手のエラーを誘い得点圏に走者を進めるも、田中和が遊ゴロに倒れ無得点。その後は、2回表に佐野が藤田のレフトフライを横っ飛びで好捕すれば、3回裏には藤田がお返しのダイビングキャッチで三者凡退を演出と、両チームに守備で好プレーが飛び出す展開となった。

 4回裏にも浅村がヒット性の打球をジャンピングキャッチするなど、好守に阻まれ得点が生まれないまま試合は最終5回の攻防へ。勝利のためには何としても得点を挙げたい楽天・井上だったが、OB選手の鉄平がレフトフライに倒れるなど三者凡退で攻撃を終えるとその裏、DeNA・辻が1死2塁から代打・細川で放った打球がライト前に落ちるサヨナラヒットとなり、試合終了。1対0でDeNAが勝利を収めた。

 これでDeNA・辻はルーキーながら開幕から無傷の3連勝。チームのe交流戦成績を2勝1分とした。敗れた楽天は開幕から9試合を終えて未だに白星なしと、苦しいチーム状況が続く。

■試合後コメント

サヨナラ勝ちで自身3連勝を飾った、DeNA・辻選手

「正直5回になったときは、前のチャンスでスクイズをしておけばよかったなと思ったりしたんですけど、最終的には攻めの気持ちがサヨナラに繋がったのかなと思います。(サヨナラ勝ちは)想像していなかったので、こういう感じなんだという気持ちです」

 

劇的なサヨナラ勝ちでDeNA・辻はプロデビューから3連勝を飾った

【日本ハム 3-2 広島(クラウン)】

【出場プレイヤー】
F:佐藤○ C:山本●

日本ハム・佐藤、広島・山本と、ともにルーキープレイヤーが出場した試合は、僅差の展開を日本ハムが制し、e交流戦の勝敗を2勝2敗の五分に戻した

 日本ハム・佐藤は初回、先頭打者にいきなり“絶好調”清宮を代打に送り、特殊能力“代打〇”を生かす作戦に打って出る。警戒した広島から四球を選ぶと、後続がチャンスを拡大させ1死満塁の大チャンス。ここでビヤヌエバに中越えの2点タイムリー2ベースが生まれ、さらには清水の内野ゴロ間の1点も加えて一気に3点を先制することに成功した。

 広島の反撃は3回表。7番・安部のヒットに野間と菊池もシングルヒットで続き、下位打線で無死満塁とする。しかし、上位打線は三者続けての内野ゴロに倒れ、その間に2点を返したものの同点には追いつけなかった。

 その後は両チームともリリーフ陣の前に打線が沈黙し、スコアは3対2のまま試合終了。得点機を作ったイニングはお互い1度ずつだったが、タイムリーの有無が勝敗を分ける結果となり、日本ハムが勝利した。

 勝った日本ハム・佐藤は粘り強い投球でプロリーグ2勝目。広島・山本は3回表の難しい打球判断で走者が進めなかったシーンがスコアに響く形となった。

■試合後コメント

序盤から試合の流れを掴んで離さなかった日本ハム・佐藤選手

「先制できたので気持ち的にも楽になれたのかなと思います。(終盤は)相手の猛攻にあって精神的にも追い込まれたんですけど、切り抜けられてよかったです」

 

 

【1回裏】日本ハムはビヤヌエバの2点タイムリー2ベースで先制点を挙げる

【西武 7-1 阪神(クラウン)】

 

【出場プレイヤー】
L:町田○ T:岸川●

西武と阪神の一戦。自慢の打線にOB投手の活躍も加わった西武が快勝し、e交流戦2勝目を挙げた。

 西武は先発投手にOB・西口を起用。対する阪神は“絶好調”の藤浪を先発マウンドへ送った。

 1回表、阪神・岸川が西口の立ち上がりを攻め1死1、3塁のチャンスを作ると、ボーアの内野ゴロの間に1点を先制する。しかしここから西武・町田の打棒が火を噴く。2回裏に中村でカットボールを捉え、レフトへのソロホームランを放ち同点とすると、3回裏には足を絡めた攻撃で無死満塁としたところで3番・山川がセンターへの特大満塁ホームラン。その後も打線が繋がり、あっという間に6対1と逆転に成功した。

 大量援護をもらった西口はイニングを重ねるごとに尻上がりに調子を上げ、大きく曲がるスライダーを軸に阪神打線を寄せ付けず。5回を投げ切り5安打1失点で見事に完投勝利を達成した。

 西武・町田は機動力と長打力を織り交ぜた攻撃で相手を圧倒し、シーズン2勝目。敗れた岸川は中盤で投手陣を上手くコントロールできず、試合の流れを手放してしまった。

■試合後コメント

先制を許しながらも、一発で流れを持ってきた西武・町田選手

「いままでで一番くらい緊張してしまって、普段では絶対にやらないようなプレーをしてしまうぐらいパニックになってしまっていました。後半も緊張感はあったんですけど、チームメイトと会話をすることで落ち着けたかなと思います」

 

西武は先発で「OB選手」として起用した西口が大活躍

現在の順位はこちら!  eBASEBALL プロリーグ公式サイト 

https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=interleague

eBASEBALL プロリーグ公式サイト

https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 

Related Articles

『仮面ライダー』新作ゲーム『KAMEN RIDER...

 バンダイナムコエンターテインメントは、『仮面ライ...

[WE WERE HERE]PS4|2人専用謎解き...

バカな事を真面目に全力で楽しみながらゲーム実況...

日本画风新奇横版mmorpg手游《devilboo...

大家好这是我在YouTube上的官方频道在观看...

MMORPG「ETERNAL」の公式生放送が4月8...

 アソビモは本日(2020年4月3日...

【ロストアーク】新作MMORPGが日本に来た【LO...

PC用オンラインゲームのハクスラMMORPGの...