遂に日本上陸!元祖ゲーミングパパ活「nicee(ナイシー)」の日本版が公開!正式リリースは12月を予定! – funglr Games

今ゲーム業界で話題のプレイマッチングサービス。ネット上では「ゲーミングパパ活」とも評されています。
そんなプレイマッチングサービスは日本でもGameRoomがβ版をリリースし、台灣で人気の「nicee(https://www.nicee.tw/)」のサービス企画やデザインを模倣したような内容になっています。

GameRoomは日本国内でも賛否両論ではありますが、台灣の一部では「日本が台灣のサービスをパクるようになったか・・・」という声もあります。
そんな中、台灣発「nicee」の日本版(http://nicee.jp/)がリリースされました。

そもそも「GameRoom」とは?

GameRoom

「GameRoom」は台湾でリリースされた「nicee」を発見した戸村 光氏(松竹芸能・文化人枠所属)のツイートを見て、
CryptoGames株式会社の小澤 孝太代表が「作ります!」とTwitterで公言していた。

サービス内容はもちろん、Webサイトのデザインも「nicee」を類似しており、この程度の模倣は大丈夫と判断したか、国が異なるため著作権侵害の恐れはないという判断なのだろうか。

過去には権利関係でトラブルも?

同社は過去に無許諾でトレーディングカードゲームのロゴを使用し、トラブルになった経験がある。
小澤孝太代表は昨年のインタビューで反省している旨の発言をしていた。

小澤孝太氏は株式会社サイバーエージェントでゲーム攻略Wiki「GAMY」の立ち上げや、株式会社CyberZではOPENREC.tv事業部マネージャーを務め、RAGEなどeスポーツ事業の立ち上げに携わっていたことがWantedlyで確認できる。
そういったキャリアから、知的財産権や著作権に関して詳しいと想像できる。

そんな中、元祖ゲーミングパパ活「nicee」が日本上陸!

niceenicee

冒頭でお伝えしたように「nicee(ナイシー)」は、台灣で人気のゲームプレイマッチングサービス。
(台灣内での競合サービスでは「傾心陪玩」などがある)
台灣では既に多くのユーザーを獲得しており、そんな「nicee」が日本でもテスト版をリリースした。

「GameRoom」は「nicee」を模倣したサービスではあるが、niceeが日本に上陸したことで、今後“ゲーミングパパ活プラットフォーム”も激戦化していくだろう。

入会キャンペーン実施中!

niceenicee

日本版「nicee」は現在テスト版で、2020年12月に正式リリース予定となっている。
テスト版では事前登録で「1000円新規クーポン」をプレゼントする入会キャンペーンを実施している。

既に多くのゲーマーが登録済み

niceecite>nicee

日本版niceeは前述の通り、まだテスト版だが既に多くのキャスト(ゲーマー)が登録されている。
キャスト登録するにはアカウント作成後にキャストに応募し、niceeが能力認証することで登録される。

本記事タイトルで“元祖ゲーミングパパ活”と表現したが、かなりしっかりとした運営体制だと想像できる。
詳しくはniceeの「よくある質問」を確認してほしい。

また海外発のWebサービスを利用するのが不安という方もいるだろうが、日本版niceeは日本法人Chiseled Games Japan株式会社が運営しており、日本の電話番号も掲載されているので、安心して利用できるであろう。

LINEとの連携も

LINEをバインドするnicee

またniceeにはLINEと連携できる「LINEをバインドする」という機能が備わっている。
簡単に説明するとniceeにメッセージや注文があったら、LINEに通知するというもの。
常にログインしてメッセージや注文をチェックしなくても良いのはかなり便利である。

入会キャンペーンもあるので、是非登録してみてはいかがだろうか。

Related Articles

【格闘ゲームレビュー】新作 ギルティギアストライヴ...

本動画はギルティギアシリーズ経験者や、格闘ゲー...

「New ポケモンスナップ」のゲームシステムや遊び...

「New ポケモンスナップ」最新プロモーションビ...