FF14やOverwatchが快適に遊べる高コスパゲーミングノート「GP62 7RDX Leopard」を試す –

Core i7-7700HQとGeForce GTX 1050を組み合わせたMSI製のフルHDゲーミングノート「GP62-7RDX-1011JP」。実売価格は税込16万円前後だ。

 ゲーミングノートの性能は年々向上しているが、デスクトップPC並の性能を求めると結構な出費を迫られる。

 起動ドライブにSSDは外せないし、そこそこ良いキーボードも欲しい……とこだわるほど製品選びが難しくなってくるが、そんな時にはMSIのゲーミングノートはどうだろうか?

 今回取り上げるMSI製「GP62-7RDX-1011JP(以降GP62)」は、Core i7-7700HQにGeForce GTX 1050という組み合わせで実売16万円程度という高いコストパフォーマンスを武器にしたゲーミングノートだ。これが人気ゲームでどの程度動作するのか検証してみたい。

ファイナルファンタジーXIV、Overwatch、For Honorといったゲームがどの程度遊べるのかもチェック

CPUからストレージまで性能はバランスの良い構成普段使いであればバッテリー動作時間は4時間半が目安

 GP62がゲームでどれだけ使えるか検証する前に、PCとしての基本的なパフォーマンスを確認しておきたい。まずCPUの馬力をみる「CINEBENCH R15」を利用する。

CINEBENCH R15のスコア。

 最新デスクトップ用CPUに比べるとスコアは全体に控えめだが、モバイル用のCore i7-7700HQとしては十分なスコアが出ている。特に発熱がネックで処理速度が出ない、という心配はないようだ。

 続いてグラフィック性能を「3DMark」で、ストレージ性能を「CrystalDiskMark」でチェックする。

「3DMark」のスコア。

「CrystalDiskMark」によるストレージ性能。左がSSD、右がHDD

 ここまでの結果から、グラフィック性能は軽~中量級ゲームで設定を欲張らない人向けといえる。SSDの性能はSATA接続であるため特筆すべき点はないが、容量が128GBなので大物ゲームを何本もインストールしておくスタイルには向かない。遊ぶ頻度の低いゲームやデータはHDD側に入れる等の工夫が必要だろう。

 最後に「PCMark8」で総合的なパフォーマンスをチェックしてみた。テストは“Home”と“Creative”のOpenCL付きモードで実行した。

「PCMark8」のスコア。左がHome Accelerated、右がCreative Acceleratedとなる。

 CPUからストレージまでバランスの良い構成であるため、ゲームはもちろんのこと一般的な作業においても良好なパフォーマンスをみせている。

 ちなみに、バッテリーの持続時間は「bbench」でキーストローク&無線LANによるWeb巡回あり、液晶輝度50%設定で計測したところ、およそ4時間32分といったところだった。

GPUは70℃以下にしっかり冷却、クーラーの冷却性能と動作音をテスト

 最後にGP62の冷却性能をチェックしよう。

 ゲームを遊び込むと発熱で性能が低下することも懸念されるからだ。今回は室温28℃環境で「For Honor(設定“高”)」を約1時間プレイ状態で放置した時のCPUパッケージ温度とGPU温度を「HWiNFO64」で追跡した。前半30分はノーマル状態、後半30分は“Cooler Boost”機能を有効にした状態で計測している。

ゲーム中の温度推移。後半温度が下がっているのはCooler Boostを有効にした状態。

システム起動10分後(アイドル時)とゲーム中のピーク値(高負荷時)の各部温度。

 大抵こういったゲーミングノートではGPUの熱が限界ギリギリまで上がってしまう製品が多いが、GP62はむしろCPU温度の方が高いのは驚いた。GPU側のヒートパイプが多さがしっかり効果として出ている感じだ。

 ここからさらにCooler Boostを効かせるとCPU温度は6~7℃下がるが、同時にファンノイズも大きくなるため、このあたりはトレードオフといえる。ファンノイズは下のグラフの通り、Cooler Boost有効時はかなりうるさい。温度が上がりすぎて怖いなと感じた時に一時的に使う程度の心づもりでよいだろう。

液晶から40cmの位置に騒音計「AR814」を固定した時のノイズレベル。

サーモグラフィーカメラ「FLIR ONE」を利用し、For Honor起動中の温度分布を比較してみた。左がノーマル状態、右がCooler Boost状態(ともに30分経過時点)。キーボード中央やや奥側の温度が高くなっているが、Cooler Boostを使うと温度の高い領域が小さくなっている点に注目(パームレストに手を載せていないので、実際にプレイしている最中はもう少し違う分布になるかもしれない)。

ほどほどの画質でゲームを快適に遊びたいユーザーにオススメ

 ゲーミングノートはデスクトップ機のようにパーツの換えが効かないぶん、最初のスペック選定で間違うと後悔がずっと続く。自分はどの部分の性能が必要なのかを明確にしておくことが失敗しないコツだ。

 今回取り上げたGP62はCPUは上位だが、GPUはGeForce GTX 1050と下位モデルが組み合わされたモデルだ。ゲームをする際に、画質設定が中程度で遊べればよかったり、あまり重くない人気作を快適に遊べれば満足、という現実主義なゲーマーにしっくりくる製品だろう。質の高いキーボードを備えるなど、普段使い用としても悪くない。

 高画質が命な理想主義のゲーマーなのであれば、より上位のGPUを搭載するモデルがラインナップされているので、そちらを選ぶべきだろう。

 SSDの容量が128GBと少なめな部分や、メモリが標準だとシングルチャネル動作となっているのは気になるものの(※最大16GB×2枚まで強化可能)、これだけの機能と性能が税込で約16万円でまとまっている点は素直に賞賛したいものだ。

[制作協力:MSI]

Related Articles

お尻に効くスクワットのやり方を徹底解説!美尻作り、...

美尻作り、ヒップアップしたい女性の方は必見です...

【PS4新作ソフト紹介】PlayStation 4...

プレイステーション4 2020年11月発売の新...