eスポーツとブロックチェーンが融合した、新たなるマネースポーツ | Cointelegraph | コインテレグラフ ジャパン

「eスポーツ」とは、コンピューターゲームを使ったスポーツ競技である。この言葉が市民権を得てからしばらく経つが、一昔前のeスポーツは今よりも偏見に溢れていた。「身体を動かさないゲームを”スポーツ”と読んで良いのか?」「たかがゲーム」などの意見である。

このような声は今も少なくはないが、実際にeスポーツの浸透は世界レベルで進行している。日本でも、プロのeスポーツチームが結成されており、プロを育成するための専門学校も登場している。そして、当然ながらプロの大会が開催される。これが世界レベルになると、eスポーツのアスリートは億単位の賞金を稼ぐことになる。そして、かつては単なるゲームであった有名タイトルの「テトリス」や「ぷよぷよ」も、今やeスポーツ競技に加えられているほどだ。

上記の現象を裏付けるように、eスポーツ市場は右肩上がりである。株式会社KADOKAWA Game Linkageが発行する「グローバルeスポーツマーケットレポート2020」によると、2020年における世界のeスポーツ市場規模は9.74億米ドルであり、2023年には16億米ドルに拡大すると予想されている。

eスポーツの波は、ブロックチェーン業界にも押し寄せている。最も良くあるパターンは、eスポーツのコミュニティを活性化させるブロックチェーンプラットフォームだ。トークンによる経済圏を確立し、その経済圏を支えるユーザーに利益を還元し、コミュニティを盛り上げていくというものである。日本では、上場企業である株式会社グローバルウェイ傘下の企業がSportStarsと呼ばれるプラットフォームの運営に乗り出したばかりで、”eスポーツ × ブロックチェーン”の取り組みが徐々に増えているという段階である。

そして、海外に目を向けると、アグレッシブなプロジェクトが存在している。AnRKey X™と呼ばれる、Web 3.0 NFTと分散型金融(DeFi)、そしてeスポーツを統合したプロジェクトである。ブロックチェーンは、その特性からお金との相性が非常に良い。そこで、AnRKey X™では、お金を使って競うeスポーツが展開される。このようなeスポーツのことを、彼らは m$pors(マネースポーツ)と呼んでいる。

AnRKey Xによるm$pors™のタイトルは、彼ら独自のプラットフォームであるDecentralized Finance Gaming Platform Exchange、略してgDEXで供給される。既に数タイトルのリリースが予定されており、最初のタイトルはBattle Wave 2323™になる。

Battle Wave 2323™では、プレイヤーは複数あるアーミーと呼ばれるチームのうち、いずれかに属すことになる。そして、アーミーで指定されているコイン(例:SUSHI/ETH)をUniswapのリクイディティとして登録し、そこで得られたLPトークンをアーミーの画面でステーキングする。

ステーキングで得られるのが、gDEX上のアーケードコインである$ANRXになる。$ANRXを駆使して、自分たちのステーキングをブーストさせ、ステーキングの収益率(APY)を高め、APYのパフォーマンスをアーミー間で競っていく。面白いのは、この仕組みだとプレイヤーは参加するためのお金がほとんどかからないという点だ。仕組み上、Battle Wave 2323™は、EthereumのGASを少し消費するくらいで、実質的にフリーミアムなゲームとなる。

ステーキングを開始したプレイヤーは、週次のイベントに向けてAPYの高さを向上させることに注力していく。APYは、単にLPトークンをステーキングするだけではすぐに限界に到達してしまう。そこで、プレイヤーはAPYをブーストするための様々な策を講じていくことになる。

APYをブーストさせるのは大きく2パターンある。NFTを手に入れてアーミーでステーキングすること、そしてNFTをアップグレードしてブーストを加速させることだ。

NFTを手に入れるには、”Sacred Relic” NFTパックやBattle Wave NFT などをANRXで購入する方法がある。また、週次のイベントで勝利することにより、レアなNFTを手に入れるチャンスを得ることもできる。さらに、それらのNFTのステーキングをブーストさせるために、NFT “Arms” ブーストや、”Armaments”と呼ばれる週次イベントの勝者だけが入手できるNFTアップグレードを購入する方法がある。

このように、これからAnRKey X™では、ANRXというお金を使ったeスポーツをgDEX上で展開をしていく。gDEXは、オープンプラットフォームになっており、コミュニティのメンバーが自分のゲームを作ってそれを公開することも可能だ。条件によっては、AnRKey Xからの助成金を受けることができる。

いまのところ、AnRKey Xは m$ports という切り口で”eスポーツ × ブロックチェーン”に取り組んでいる唯一のプロジェクトである。2020年Q4にBattle Wave 2323™のベータバージョンがリリース予定となっているので、新たな可能性を感じている方は、是非プレイしていただきたい。

イベントのお知らせ:

AnRKey X™は、Cryptovoxels(クリプトボクセルズ)と呼ばれる仮想空間のイベントを予定している。AnRKey™ X NFTギャラリーでNFTの即売会が開催される他、イベントスペースのための渋谷のバーチャル不動産「AnRKey™ Shibuya」でライブストリーミングが放送される。

日時:2020年10月30日夜10時-1時と2020年10月31日夜10時-2時
イベント会場:https://www.cryptovoxels.com/[email protected],634N
詳細:Tokyocrypto.xyz

注意:Cryptovoxelsは、ビデオカードのパワーを消費するため、モバイルのアクセスがうまくいかない場合があり、PCによるアクセスが推奨となる。


本件に関するお問い合わせ

AnRKey X Pte Ltd  

担当: J.D. Salbego

連絡先:https://t.me/anrkeyxofficial

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

Related Articles

「オーバーウォッチ」のプレイヤー交流会「Overw...

<以下,メーカー発表文の内容をその...

【ぽこくらシーズン2#24】この地図の場所に行った...

みなさん、ぽこにゃちわ! ☆ぽこにゃんの最新情...

ゲーム好きアナウンサー田口尚平とAI VTuber...

テレビ東京は、eスポーツキャスターとして活躍する...