Riot Games、SpotifyとLoL Esportsのグローバルイベントで提携 | Social Game Info

Riot Games(ライアットゲームズ)は、グローバルオーディオ定額ストリーミングサービスSpotifyと、LoL Esportsのグローバルイベントにおける公式オーディオストリーミングパートナーシップを結んだことを発表した。本パートナーシップは9月25日から開催予定のLoLの世界大会「League of Legends2020World Championship」に先駆けて順次コンテンツを配信する。

今回のパートナーシップにより、SpotifyとライアットゲームズはWorldsの公式テーマ曲のメイキングや複数のポッドキャストシリーズ、専用プレイリストを提供し、Soptifyでは新たにLoL Esports ミュージック・ハブが利用可能になる。これにより、高品質なデジタルコンテンツと記憶に残るファン体験を作り出すというSpotify、ライアットゲームズ、両ブランドの取り組みが反映される。 

音楽を通してさらに豊かな『リーグ・オブ・レジェンド』のファン体験を提供するために、Spotifyでリーグ・オブ・レジェンドのeスポーツコミュニティーにインスパイアされた専用プレイリストを作成する。

また、LoL Esportsの中で最も人気が高く、BO5のシリーズで勝敗が懸かった試合の前にのみ流れる曲であるSilver Scrapesのように、SpotifyはLoL EsportsのMid-Season InvitationalとWorld Championshipの第5戦目でのプレゼンティングパートナーの役目を担い、大会が佳境を迎える瞬間にファンの気持ちを盛り上げてくれることとなった。

さらに、Spotifyとライアットゲームズは複数のオリジナルポッドキャストシリーズを通して、ファンにLoL Esportsへのさらなるアクセスを提供する。最初のシリーズとなる「Untold Stories: Top Moments from Worlds」では、League of Legends World Championshipのユニークな物語を各年ひとつずつ取り上げて、トーナメントの舞台裏をお届けする。 

また、SpotifyではWorldsの人気テーマ曲の制作舞台裏の模様も提供される。2014年以来、League of Legends World Championshipでは大会の開催を記念してファンの胸を躍らせる公式テーマ曲を毎年リリースしており、これまでにImagine DragonsやThe Glitch Mob、Against the Currentなどの人気アーティストたちとコラボレーションしている。 

Related Articles

「グランツーリスモSPORT」,全国都道府県対抗e...

<以下,メーカー発表文の内容をその...

話題のスタンダードスマホ「AQUOS sense4...

、NTTドコモから4Gに対応したスタンダードスマー...